妻に借金がバレた!離婚の可能性はある?

妻に隠れて自分の趣味やギャンブルにお金をつぎ込み、借金をしてしまったという人は妻にいつかバレてしまうのではないかと不安に思っているかもしれません。もし、妻に借金がバレた場合、離婚を言い渡されるケースも少なくなく、出来れば回避したいという人も少なくありません。

離婚せずに済む方法はあるのか詳しくお話していきます。

三大離婚理由に該当する

妻が夫と離婚する原因には大きく分けて3つあると言われています。1つが不倫や浮気です。これは不貞行為が立証できれば、自分がいくら離婚したくないと言っても離婚せざるをえない状況になるでしょう。2つ目に、ギャンブルや借金をしていることによって経済的な負担が増えた場合です。

3つ目が、暴力やモラハラなど肉体的、精神的な苦痛を伴うことがあった場合と言われています。ここから分かるのは、妻に借金をしていることがバレてしまうと、離婚を言い渡される可能性が極めて高いということです。

妻に借金がバレてしまう原因

消費者金融からの借入ですと、妻にバレないようにスマートフォンのみに連絡をくれたり、郵送物を送らないように手配してくれることがありますが、銀行カードローンを利用していると自宅に明細書が届くことがあります。

これも事前に手続きをしていれば、妻の目に留まることはないのですが、多くの男性はそこまで気が回らないようです。自宅に見慣れない郵送物が届けば、妻も一体どのような物か気になりますので、夫であるあなたに問いただすでしょう。

それが借金関係の書類であることが分かれば、なぜ借金をしたのかについて聞かれバレてしまうのです。また、明らかにお小遣いの範疇では買えないようなものを所持していることが分かれば、そのお金はどこから出てきたものかと疑われます。

ギャンブルをする人であれば、「この前勝ったから」と言い訳ができるかもしれませんが、ギャンブルすらやらない場合にはそのような言い訳も通じません。妻は夫に関心がないように見えても色々なことをチェックしていますので、物などを購入した場合にはバレないように対処しておかなければなりません。

さらに、風俗通いや不倫相手にお金を使う為に借金をした場合は、妻にいくら言い訳をしても2つのタブーを侵してしまっている以上、離婚は避けては通れないのではないでしょうか。

借金を許してくれるケースもある

妻が借金を隠していることを許してくれるケースもあるのですが、これは稀な話です。男性が借金をする理由の多くが、自分の欲しい物を購入する為だったり、ギャンブルをすることを目的としているので、後先考えずに簡単に借金をしてしまいます。

妻にとってはこのような現状は許しがたいもので、同じ一つ屋根の下で生活をする者同士の信頼が一気に崩れてしまうような出来事なのです。しかし、中には親からお金の無心をされていて、仕方なく借金をしていたというケースや、友人の連帯保証人になってしまって否応なしに借金が出来てしまったというケースもあり、このような場合に関しては、妻も鬼ではないので話し合いの余地があります。

しかしながら、自己中心的な観点から借入した借金に関しては、到底許してもらうことは難しく、「離婚して」という言葉に抗う術もないというのが現状でしょう。

実際、私利私欲の為に使ったのであれば自業自得とも言えます。

離婚を回避する為にできること

妻に借金がバレた場合、一番最初にしなくてはいけないのが、心からの謝罪です。謝罪をしたとしても借金をしている事実は変わらないのですが、女性というのはまず感情的な部分に注目しますので、謝罪もない人の言葉は一切聞き入れてくれません。

妻と離婚したくないのであれば、隠していた事実についてひたすら謝るしかないのです。まずはここから始めましょう。その後、尋問のような時間がありますが、低姿勢で居続けることが大切です。開き直ったり、妻のせいにするのは状況を悪化させてしまいますので注意してください。

借金をした理由によっては呆れられることもあるでしょうが、妻が本当に怒っている理由というのは、借金をしたという事実ではなく、その事実を隠し続けていたということなのです。男性は借金に関して怒られていると思う人が多いのですが、実は信頼を失うことをしたことに妻は悲しみ、憤っているのです。

そのことを理解していなければ、離婚を回避することはできません。仕事をしていれば、借金は返済することができるけれど、妻の夫に対する信頼というのは一度失ってしまうと二度と元の状態に戻ることはないのです。離婚を回避したいのであれば、自分が妻の立場に立った時にどのようなことに怒り、悲しむのかをしっかり考えることが大切です。

借金があると中学受験はできないの?

借金癖のある人の場合は離婚されても文句は言えない

借金をする人には2つのタイプがあり、一度の過ちに気付きもう二度としないというタイプか、何度も繰り返してしまうタイプです。前者の場合は、妻への謝罪や返済方法の提示によって離婚を回避することができますが、後者の場合は離婚されても文句を言うことはできません。

妻にとって何度も繰り返される借金というのは、家族全員の生活を脅かすものであり、改善してもらいたいと願い出ても一向に変わらないとなれば生活を共にしていくことすらできなくなってしまいます。その為、何度も借金を繰り返してしまう借金癖のある男性は、離婚される可能性がとても高いのです。

借金癖は一生直らないなんて言われることもありますが、家族を失っても良いと思って借金をしている人は少ないようです。

一度許してもらった経験によって、また今度も許してくれるという甘えがそこにはあり、家族に対して相当依存していることが分かります。家族は夫の借金を返済する為に存在しているわけではありません。「仏の顔も三度まで」とよく言われますが、何度も繰り返されることは精神的なダメージも強く、我慢の限界が来てしまうでしょう。

何もかも失ってから後悔しても遅いので、自分自身で制御することが大切です。ギャンブルによって借金を繰り返す場合には、ギャンブル依存症の可能性もあります。同じ悩みを持つ人たちが集まる会合に出席してみたり、家族会などに参加することによって、借金の原因から離れるということも必要になってくるでしょう。

借金癖が直らないと悩んでいるのであれば、一度そのような会合に参加してみることが大切です。