借金による精神病とその対策

精神病の代表格といえばうつ病ですが、借金が引き金で生じることは少なくありません。金欠状態はストレスやイライラの原因となり、心の状態を不安定にしていきます。借金が原因の精神病を改善させるには、借金をしなくてよい生活に変えるのが得策です。

お金の使い方を見直して、収入の範囲内で生活できるように変えていきましょう。

借金が原因で精神病になることはある?

精神病の原因と言えば人間関係や家庭のストレスなどを挙げる方が多いでしょうが、実は借金も大きく関係しているのです。そもそも借金をする状態は金欠であり、お金がないのでストレスが非常に溜まりやすいです。お金ですべての問題は解決しませんが、すべてに関わってくるのは事実でしょう。

借金のデメリットは毎月の収入が返済分だけ減ることであり、特にキャッシングなどは利息が大きいので簡単には完済できません。返済しても元金がほとんど減らない状態は大きなストレスになるはずです。金欠状態の怖いところは生活を制限し、自由を奪ってしまうことです。

お金は選択肢を生み出してくれるもので、金欠になると我慢を強いられることが多くなります。それほど借金を抱えている状態は精神に影響を及ぼし、精神病の原因となるわけです。

精神病になって仕事を続けられなくなったら、収入が途絶えるのでさらに借金返済が困難になるという悪循環になります。多額の借金は心の安泰を奪ってしまうので、借りすぎにはくれぐれも注意してください。

精神病予防のためにお金の管理を

お金のことで苦労すると性格がギスギスするようになり、それは夫婦関係にも現れてしまいます。喧嘩の原因はさまざまでしょうが、根底にお金の問題があることは少なくありません。お金は精神安定剤と言われるほど、良くも悪くもメンタルに影響を与えてしまいます。

お金が原因の精神病を予防するためには、家計のバランスを健全化することがポイントです。年収が同じであっても毎月貯金できる人もいれば、お金が足りなくて借金をする人もいます。金欠に陥ってしまう方に共通するのは収支のバランスがマイナスになっていることで、稼ぐ以上に使っているのです。

お金がないときは借金すればOKと安易に考えてしまう方がいますが、借金するほど家計は圧迫されていきます。給料日までちょっと足りなくて借りる程度なら問題ありませんが、毎月の生活費が足りなくて借りるようなら家計バランスに問題があります。

特に長期間のリボルビング返済にするような借り方は慢性的な金欠を招くので注意です。借金が原因でうつ病になってしまう方を見ると、キャッシングやカードローンの利用をしているケースが多いです。特に借入総額が多い、複数社から借入している、などの状態にある方は精神的に不安定になりやすいと言えます。

浪費につながる借金依存症に注意しましょう

ギャンブル依存症や買い物依存症は精神病の一種と言われていますが、借金依存症にも同じことが言えます。欲しいものがあると我慢できずに借金をしてまで購入してしまう方は、雪だるま式に債務が増えていくでしょう。借金が増えると返済するために借金を重ねるようになり、特に消費者金融数社から借入している方は注意です。

無担保ローンは住宅や自動車などの担保がないため、返済できなくなったら収入を増やす以外に自力返済の方法はなくなります。借金依存症の方はとにかくお金を使うのが好きで、買い物することがストレス解消になっていることが多いです。

あまり使わないモノまで購入してしまい、部屋の中がモノだらけになっている人は少なくありません。そもそも借金依存症を招いてしまう理由は、ローンに手を出してしまうことがあります。最初は給料の範囲内でやりくりしていても、軽い気持ちで借りたキャッシングに味を占めてしまい、何度も借金を重ねて債務が膨らんでいくわけです。

辛いときは楽なほうに逃げてしまう傾向がある方は、借金依存症になりやすいと言われています。ストレスが溜まったときにやけ酒をしてしまう方も注意が必要でしょう。

精神病で仕事を辞めたら借金できる?

借金をするためには収入があることが必須で、精神病が原因で仕事を辞めると金融機関からは借りられません。ローンを利用するには20歳に達しており、かつ毎月一定の収入があることが条件です。ローンの審査には在籍確認があり、今現在において申込者が会社勤務しているのか調べられます。

たとえ1ヶ月前まで働いていても、現在は無職・無収入の状態にあるなら審査は通りません。また希望額が大きい場合は収入証明書が必要になることが多いので、とにかく嘘は通用しないのです。無職で借りることができない場合、借りるための対策は仕事を見つけるしかありません。

会社員や公務員になるのがベストですが、非正規雇用でも申し込みできるローンは多いです。アルバイトやパート・派遣社員に対応しているローンは年収が少なくても融資してくれることが多いですが、無職だと1万円であっても借入できません。

もし精神病の状態で借金をしたいと考えている方は、仕事を辞める前に申し込みするしかないでしょう。

ただし退職しても返済の義務は残るので、単発バイトなどですぐに返済できるように小額の借入に抑えておくべきです。

借金があると中学受験はできないの?

精神病で借金返済ができない場合は債務整理を

精神病にかかる可能性は誰にでもありえることで、うつ病で働けなくなるケースは多いです。ただし精神病で退職をしても借金はそのまま残るので、無職の期間中は返済不能になります。こうした場合は自己破産などの債務整理で借金を解決するしかありません。

自分で作った借金問題は自己責任であり、親や友人に助けを求めるのは得策ではないです。法的に解決できる債務整理が用意されているので、返済できる金額まで借金を減額してください。ただ任意整理や個人再生をするには安定収入があることが条件となるため、精神病で退職して無職になった場合は自己破産を選択するのが一般的です。

自己破産なら収入の有無に関係なく行えるので、無収入で多額の借金を抱えていても解決できます。精神病が原因で転職して収入が大幅に減少し、それで借金返済が厳しくなった場合は任意整理や個人再生などの選択肢もありでしょう。

任意整理は利息をカットできるので、総支払い額を減らすことができます。個人再生は借金を5分の1まで減額できるので、任意整理以上に借金を大幅に減らせます。両者の方法は原則として3年間で返済する必要があり、それゆえに安定的な収入が求められるわけです。

債務整理を選ぶときは現在の返済能力で解決できる方法から絞っていくのがポイントです。